頭痛の治し方で寝不足の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛の治し方で寝不足の時」についてお話します。

 

寝不足による頭痛には3種類の頭痛があります。
その3種類には原因と対処法が異なってきます。

 

どんな頭痛で悩まされているのかを知ることが必要です。
頭痛のタイプや寝不足の治し方をご紹介します。

 

偏頭痛!

 

偏頭痛のタイプはこめかみあたりにズキンズキンとリズミカルに
脈を打つような痛みです。
偏頭痛は女性になりやすく、男性の4倍以上の女性が偏頭痛に悩まされています。

 

原因として、脳の血管が拡張することで神経を刺激してしまいます。
この刺激で偏頭痛になります。

 

拡張してしまう理由は、質の良い睡眠がとれていなかったり、
過度なストレスが重なったりチョコレートや赤ワインに含まれている

 

チラミンという血管収縮作用のあるものを飲んでいたりすると
頭痛が発生してしまいます。

 

対処法は、頭痛がする部分を冷やして血管の収縮を抑えたり、
暗くて静かな部屋で休憩して脳への刺激を与えないようにすることです。

 

静かな部屋で仮眠をとると頭痛も治まります。寝すぎも頭痛が悪化してしまうので、
15〜30分程度がベストです。

 

緊張型頭痛!

 

突然に頭痛が起き、頭を締め付けるような痛みが特徴的です。
緊張型頭痛が1度始まると30分〜1週間程度痛みが
発生するのでとてもつらいです。

スポンサーリンク

原因は、首や肩こりからくるストレスです。
首や肩こりになってしまうと血行が悪くなるので頭痛を起こしてしまいます。
こりをほぐして血流をよくしてあげることによって頭痛が解消されます。

 

対処法は、温かい湯船の中に浸かったり、
首や腕を回して軽いストレッチをして下さい。
リラックス効果があるので、頭痛も和らぎますしストレスも軽減されます。

 

湯船に浸かることで身体の芯から温まることができるので
血流もよくなりこりが改善されます。

 

群発頭痛!

 

目の奥に激痛がはしり、生活に支障が出る場合があります。
この頭痛は男性に多く頭痛が発生すると、
2週間〜2ヶ月程度毎日同じ時間帯に痛みが起きます。

 

激痛とともに、鼻水や目の充血、汗をたくさんかくという症状もみられます。
原因はわかっていませんが、飲酒後30分〜1時間後が多いといわれています。
対処法は頭痛を悪化させないように、アルコールや喫煙をしないことです。

 

頭痛のタイプを知る!

 

どの頭痛なのか自分に当てはまる症状をみて
その頭痛に合った対処法をすることが必要です。
もしどんなタイプなのかわからない方は病院へ行って医師に相談してみて下さい。

 

寝不足ならずっと寝ておけば頭痛にならないということではありません。
自分が起きている頭痛を知って対処すれば、質の良い睡眠がとれます。

スポンサーリンク