頭痛が同じ場所の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が同じ場所の時」についてお話します。

 

「同じ場所がいつも痛む」

 

そういう特徴をもつ頭痛を紹介します。

 

片頭痛

 

同じ場所が痛む頭痛として
最も可能性が高いのが片頭痛です。

 

同じ慢性頭痛として代表的な
緊張型頭痛は、
いろいろな場所で見られるのが特徴です。

 

片頭痛の特徴は以下の通りです。

 

・場所は、主に片側のこめかみや目の周り

 

悪化すると、両側や後頭部全体に
痛みが及ぶこともあります。

 

・ズキンズキン・ガンガン

 

脈打つような痛みが
4〜72時間続きます。

 

始まって1〜2時間後にピークがきます。

 

・頻度は、月に1〜2回

 

多いときには、週に1〜2回
起こることもあります。

 

・動くと痛みが悪化する

 

ちょっと姿勢を変えたり、
頭を傾けたたりするだけでも
痛みが増す場合があります。

 

仕事や家事、勉強が手につかず、
寝込んでしまうこともあります。

 

・頭痛以外の症状

 

吐き気や嘔吐、めまいなどを伴う
場合があります。

 

また、普段気にならない
光や音、においに敏感になり
不快を感じることがあります。

 

・閃輝暗点(せんきあんてん)

 

前兆として表れることが多い症状です。

 

目の前にチカチカとフラッシュのような
小さな光の点が表れます。

 

光は徐々に大きくなり、
視野の片側が見えなくなったり、

スポンサーリンク

ぼやけて見えにくくなったりする
場合もあります。

 

15〜30分続いた後、光は消え、頭痛が始まります。

 

片頭痛の発作が起こったら、
トリプタン系薬剤を服用します。

 

拡張した血管を収縮させたり、
血管の周りの炎症をとったりする作用があります。

 

ただし、長期の服薬など
飲み過ぎには注意が必要です。

 

薬物乱用頭痛となり、
頭痛が悪化する場合もあります。

 

貨幣状頭痛

 

近年報告された頭痛で、
詳細はまだ分かっていないところが多い頭痛です。

 

片頭痛や緊張型頭痛との違いを
判断するのは難しいとされていますが、
頭頂部の10円玉ほどの頭皮が痛むのが特徴です。

 

原因は、神経痛とも
中枢性の障害とも言われていて、
明確にはされていません。

 

治療薬は、鎮痛消炎剤、抗てんかん剤、
抗うつ剤などを用います。

 

脳腫瘍

 

脳に腫瘍ができると
神経や血管を圧迫して
同じ場所が痛む場合があります。

 

脳腫瘍の場合、頭痛以外の症状として、

 

・嘔吐、見えにくい、手足が動きにくい、

 

・聴こえにくい、ろれつが回らずしゃべりにくい、

 

・顔がひきつる、けいれん

 

などが見られます。

 

このような場合は、迷わず
脳神経外科、神経内科を受診してください。

 

初期段階では、手術をせずに
放射線治療だけで治る場合があります。

 

どの頭痛にしても、
我慢できない、継続して起こるという場合は、

 

安易に市販の頭痛薬に頼らず、
医師に相談するのが賢明です。

スポンサーリンク