頭痛がピンポイントで痛い時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛がピンポイントで痛い時」についてお話します。

 

ピンポイントで頭の一部が痛む頭痛があります。

 

一般的には、片頭痛や後頭神経痛、
重篤な場合は脳卒中と考えられます。

 

ここでは、それら以外の
ピンポイントで痛む頭痛を紹介します。

 

群発頭痛

 

30代の男性の発症率が高く、
頭痛の症状の中でも最も痛い頭痛とされています。

 

季節の変わり目に発症することが多く、
目の奥やこめかみに激痛が走ります。

 

「目がスプーンでえぐられるよう」

 

「きりで刺されるよう」

 

と形容されるような耐えがたい痛みです。

 

「群発」というくらいなので、
1〜2ヶ月の間にほぼ毎日
頻繁に起こります。

 

1回の痛みは15分から3時間続きます。

 

明け方に起こることが多く、
痛みで目が覚めるので、
併せて睡眠不足に悩まされる人もいます。

 

アルコールによって誘引されるので、
飲酒後40分〜1時間後に頭痛が起こります。

 

群発頭痛の症状が見られるときは、
禁酒、禁煙を守りましょう。

 

治療に関しては、鎮痛消炎剤は効きません。

 

片頭痛の急性期治療薬として使われる
トリプタン系薬剤を服用します。

 

また、純酸素吸入法も有効です。

スポンサーリンク

フェイスマスクを装着し、
医療用の純度100%の酸素を
約15分間吸入します。

 

群発頭痛の場合、
発作が起こったらなるべく早く
治療を加えると効果的です。

 

貨幣状頭痛

 

近年報告された頭痛で、若い女性に多く発症しています。

 

名前の通り、頭部の10円玉貨幣くらいの
ごく一部分の範囲で
ピンポイントで痛みを生じます。

 

頭頂部の頭皮に痛みを感じる傾向があります。

 

他の頭痛に比べて痛みは軽度で、
我慢できますが、持続時間が長めです。

 

頭痛があっても耐えられるので、
受診せずに、数週間から数ヶ月後に
自然治癒している場合が多いです。

 

ただし、自然治癒は
患者の40%ほどとされていますので、
あまりに続くようでしたら受診しましょう。

 

治療としては、
鎮痛消炎剤、抗てんかん剤、抗うつ剤の
服薬治療が試されています。

 

ピンポイントで痛む症状は、
軽度のものもありますが、

 

脳卒中や脳腫瘍などの恐れもあり、
注意が必要です。

 

いつも同じ所が痛む場合は、
我慢したり、自分の判断で

 

市販の頭痛薬を飲み続けたりせず、
病院で検査をしてもらいましょう。

スポンサーリンク