頭痛寒気で熱なしの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛寒気で熱なしの時」についてお話します。

 

頭痛があっている中で寒気が同時に起こると「風邪?」と思ってしまい、
熱を測ると思いますが熱がないといった場合もあります。
頭痛がして寒気があるのに熱なしの状態の原因と改善法をご紹介します。

 

頭痛や寒気の原因!

 

頭痛は強いストレスが原因で起こってしまいます。
ストレスを溜めてしまうと頭痛はもちろん、首や肩こりも引き起こしてしまいます。

 

そして、寒気はウイルスや細菌が身体の中に入ってしまうと
その菌をやっつけるために体温が上昇します。

 

今は熱がないと思っていても寒気は発熱の前兆なので
時間が経つと熱がでる可能性は十分にあります。

 

貧血!

 

寒気がするのに熱がない時には貧血という可能性も考えられます。
血が足りていないときに寒気を感じてしまいます。

 

血液の循環が悪くなり、手足の先まで血が通わなくなる為
手足を冷やす為寒気の原因となります。
この症状が悪化するとめまいや吐き気、嘔吐下痢などのさまざまな症状も現れます。

 

アレルギーの可能性!

 

寒気や頭痛が続くけど熱はないという場合には花粉症の可能性があります。
花粉症はくしゃみや頭が痛くなる人もいます。

スポンサーリンク

風邪の症状と似ていますが、花粉症の鼻水はサラサラとしていますが
風邪の鼻水は粘ったような感じです。

 

対処法!

 

第一に「リラックス」することが大切です。

 

頭が痛くて寒気がする時は、風邪やインフルエンザなどの
病気の前兆の可能性があるので家に帰ったら手洗いうがいをして、
お風呂は湯船の中に浸かって体の芯まで温めることが必要です。

 

そして、少しマッサージをしたり深呼吸をして気持ちも落ち着かせて下さい。
1日の疲れをとることができる睡眠は十分に取るようにして、
次の日に備える必要があります。

 

部屋を暗くして静かな空間の中で睡眠をとると心身ともに
リラックス効果が期待できます。
蜂蜜入りのホットミルクや生姜湯を飲むと体を温めることができます。

 

頭痛と寒気がずっと続くようなら病院を受診して検査してもらうと安心です。
寒気がしていると大体風邪になることが多いです。

 

そしてストレスが重なると心も体も疲れてしまい、やる気もなくなってしまいます。
ストレスを溜め込んでいるとうつ病を引き起こしてしまうこともあるので
つらい時には自分の身近な人に話してみるとスッキリします。

スポンサーリンク