頭痛が側頭部左の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が側頭部左の時」についてお話します。

 

頭痛の種類には沢山ありますが、前頭部・後頭部・左側・右側など
痛む部分によって考えられる病気も変わっていきます。
今回左の側頭部についてご紹介します。

 

片頭痛!

 

左に現れる偏頭痛の誘因には主にストレスです。
そして20歳〜40歳代の仕事や家事、
育児などで忙しい女性に起こることが多いです。

 

緊張性頭痛による、肩や首がこってしまうのが原因で
血行不良になることでも頭痛が起きます。
ストレス以外にもアルコールや喫煙なども片頭痛を引き起こる原因の一つです。

 

ズキンズキンと脈を打つような頭痛で、
片側だけに頭痛が起こるという症状がみられます。
目の奥・おでこや頭頂部にも片頭痛は起きることもあります。

 

群発頭痛!

 

左側の頭が痛い場合は「群発頭痛」が考えられます。
毎日同じ時間帯に15分から30分起こり、2週間から2ヶ月ほど痛みが続きます。

 

側頭部はもちろん、目の奥が痛く後頭部や肩や首まで痛むことがあります。
群発頭痛はアルコールで起こることが多いので、飲みすぎには注意が必要です。

 

脳梗塞・脳内出血!

 

頭痛と同時に手足にしびれが出ている場合には「脳梗塞」
「脳内出血」を起こしている可能性もあります。
左側または右側の首から後頭部にかけけて痛むことがあります。

スポンサーリンク

動脈瘤の圧迫や破裂によって脳梗塞や脳内出血が起きることもあり、
亡くなってしまう場合や後遺症が残ってしまう可能性もあります。

 

対策法!

 

静かな部屋で冷たい水でタオルを冷やして痛む部分に当てたり、
頭の下に敷いてよこになります。

 

もし時間がある場合にはそのまま睡眠をとることが一番です。
1時間程度ゆっくりすると頭痛も緩和されます。

 

予防法!

 

普段の日常生活で頭痛が起きる回数が軽減されます。
よく睡眠をとり、3食栄養のある食べ物をよく食べ適度に運動して
規則正しい生活を送ってください。

 

仕事が忙しく、不規則な生活になってしまっている方は休日だけでも
しっかりと休養をとることが大事です。

 

食べ物では、アルコールやアイスクリーム、チョコレートなどは
頭痛を引き起こす原因にもなるので控えることをオススメします。

 

もし頭痛とともにしびれが出た場合にはすぐに病院で受診して下さい。
そのまま我慢しておくと最終的には大きな病気や
手遅れという事態にもなってしまう可能性も十分あります。

 

日頃の生活を見直していきながら過ごすことが重要です。

スポンサーリンク