頭痛が側頭部右の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が側頭部右の時」についてお話します。

 

側頭部の右が頭痛がしてとてもつらい思いをしている方は
日本人で3人の1人の割合でいます。
この頭痛は「偏頭痛」と言われています。

 

偏頭痛の症状や予防などご紹介します。

 

偏頭痛とは?

 

右、または片側の側頭部に偏った頭痛です。
片方の側頭部に痛みが起きるものですが、その痛みは側頭部だけでなく
後頭部にまで痛みが起きることもあります。

 

症状は?

 

偏頭痛の痛みはズキズキと脈を打つような感じです。
ズキズキと痛むので何もできなくなる状態になります。

 

そして前兆もなく突然起きてしまうのですが、
場合によって頭痛を起こす前にめまいに襲われることがあります。
そして頭痛と一緒に吐き気や嘔吐も起こることがあるのでとてもつらく感じます。

 

改善方法!

 

ズキズキとする痛みは少しでも緩和したいものです。
頭痛の原因は血流の変化です。
血管を収縮することによって痛みが和らぎます。

 

1:側頭部を冷やす

 

痛む部分の側頭部を水で濡らしたタオルで側頭部を冷やすと
血管を収縮させることができます。
そして痛みが和らぐ傾向があります。

スポンサーリンク

2:カフェインを摂る

 

コーヒーやカフェインが含まれているお茶を飲むことで
偏頭痛を軽減させることができます。
カフェインは、血管を収縮できるものが入っているので効果があります。

 

しかし、カフェインを摂りすぎることもよくないので、
1日1〜2杯程度にしておいてください。

 

予防法!

 

ホルモンバランスの乱れから側頭血管の拡張が起こり、偏頭痛になってしまいます。
ホルモンバランスの乱れを予防するには毎日の生活を規則正しく送ることです。
そして偏頭痛の予防や改善にもなります。

 

右側または左側の側頭部が急に頭痛になってしまった時は驚きますし、
生活にも支障をきたしてしまうので
偏頭痛は起こって欲しくないものです。

 

睡眠不足や長時間同じ体勢で作業をしていたりすることで目も疲れますし
首や肩こりの原因にもなります。

 

少し時間があるときには、ストレッチやマッサージをすることでも
痛みが緩和されるのでやってみる価値はあります。
もし偏頭痛が続いてつらいと感じている方は病院へ行くことをオススメします。

 

医師に相談して、いつから頭痛があるのかどんな痛みなのかを伝え、
治療に専念して下さい。

スポンサーリンク