頭痛が前頭部で吐き気の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が前頭部で吐き気の時」についてお話します。

 

「おでこやこめかみ、目の周辺が痛くて吐き気もある」

 

このような症状のときは、
どんな病気が考えられるのでしょうか。

 

ここでは、前頭部の頭痛について紹介します。

 

片頭痛

 

片側のこめかみの辺りが

 

「ズキズキ」「ガンガン」

 

と痛みます。

 

血管の収縮が広範囲に渡り、
こめかみから目の周囲、おでこまで
広がる場合があります。

 

ストレスや睡眠不足が主な原因です。

 

月に1、2回、多くて週に1、2回
起こることがあります。

 

発作が起こると、
あまりの痛みに起き上がることができず、
日常生活に支障が出ます。

 

普段気にならない光や音、においに敏感になり、
吐き気を伴う場合があります。

 

緊張型頭痛

 

「ヘルメットをかぶったような圧迫感」

 

「はちまきをギューッと締めつけられた痛み」

 

と形容されます。

 

悪い姿勢を長時間保っていたために、
肩や首の筋肉が緊張したことにより
頭痛が生じています。

 

特に前頭部が痛む場合は、
眼精疲労も関係しています。

 

肩こりや眼精疲労を放置していると、
頭痛が悪化し、

 

慢性的な頭痛になったり、
吐き気を伴うなど重症化したりします。

 

くも膜下出血

 

ある日突然、

 

「ハンマーで殴られたような激しい痛み」

 

と形容されるような
今までに経験したことのないような痛みが襲います。

 

頭痛の他に、吐き気や嘔吐、けいれん、
さらには失神につながります。

スポンサーリンク

軽度の場合は、
早期治療で健康状態に戻せますが、

 

体の麻痺、言語障害、記憶障害などの
後遺症が残る場合があります。

 

前兆として、数日前から頭痛やめまい、
吐き気やけいれんなどの初期症状が
見られることもあります。

 

髄膜炎

 

かつてないほどの激しい頭痛とともに、
発熱、吐き気、倦怠感など
風邪に似た症状が伴います。

 

原因は様々で、
肺炎球菌や髄膜炎菌、インフルエンザ菌などの細菌、

 

おたふくやヘルペスなどのウイルス、
結核菌や真菌(かび)などの
感染によって発症します。

 

けいれんや意識障害を伴う場合は、
脳炎にまで重症化している可能性があるので、
早期治療が大事です。

 

脳出血

 

激しい痛みとともに、吐き気や
片方の手足の麻痺、しびれが起こります。

 

他に、ろれつが回らない言語障害、
脱力感やめまい、

 

物が2つに見えたり、片方がぼやけたりする
視力障害などの症状を伴います。

 

血圧の高い人の発症率が高いので、
普段高血圧の場合は、発症の可能性が考えられます。

 

脳腫瘍

 

前頭部に圧迫感、頭重感がある、
徐々に痛みが増す、

 

突然吐いたり、けいれんが起こったりする
場合は、脳腫瘍が考えられます。

 

特に、朝強い頭痛で起床するといった
ケースが多く報告されています。

 

他に、視力障害や手足の麻痺、
耳鳴りやめまいが生じます。

 

いかがだったでしょうか。
軽度な場合もあれば、

 

早期治療の必要な重篤な病気が
隠れている場合もあります。

 

普段と違う頭痛を感じたら、
迷わずに脳神経外科や神経内科を受診すべきです。

スポンサーリンク