頭痛が前頭部でこめかみの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が前頭部でこめかみの時」についてお話します。

 

こめかみが痛む頭痛としては、
片頭痛の可能性が最も高いですが、

 

前頭部も痛む場合、
どのような頭痛と考えられるのでしょうか。

 

ここでは、片頭痛以外の
前頭部からこめかみにかけて起こる
頭痛について紹介します。

 

眼精疲労が原因かも

 

現代社会において、パソコンだけでなく、
テレビ、スマートフォン、タブレットを
見続ける時間は生活の中で増えています。

 

長時間のパソコンなどの使用において、
瞬きの回数が極端に減り、
眼精疲労を生じやすくなります。

 

さらに、睡眠不足も重なれば、
目は休むことができず、
溜まった疲労を解消することができません。

 

やがて、目の奥が痛み、
こめかみや前頭部がズキズキと
痛んできます。

 

頭痛以外の症状としては、
ドライアイ、肩こり、不眠、吐き気、
食欲不振などが挙げられます。

 

また、自律神経のバランスが崩れ、
交感神経が過剰に興奮してしまうため、
頭痛が起こります。

 

他に、抑うつ状態になったり、
不安感が強まったり、
精神的な疾患につながることもあります。

 

眼精疲労の対処法

 

メガネやコンタクトレンズを着用している
場合は、度数が自分の目に合っているのか
確認しましょう。

スポンサーリンク

合っていないものを着用すると、
目に負担をかけ、疲労が溜まります。

 

パソコンやスマートフォンの使用時間を
決めておきましょう。

 

だらだらとブルーライトを浴び続けていると
目は休まりません。

 

また、パソコンを見るために悪い姿勢を
長時間続けていると、首や肩に負担をかけ、
緊張型頭痛につながります。

 

深呼吸をしながら、
しっかり体をストレッチしましょう。

 

目を温めることも、眼精疲労を緩和します。

 

蒸しタオルや、
着用すると温まるアイマスクなどが効果的です。

 

重篤な症状にも注意

 

前頭部やこめかみが痛む頭痛として、
まれな場合ですが、脳腫瘍、脳卒中なども考えられます。

 

これらの病気は、
頭痛以外に、

 

・嘔吐、手足のしびれ、

 

・ろれつが回らずしゃべりにくい、

 

・視力の低下

 

などの症状が見られます。

 

前頭部の痛みが急激なものであったり、
急に平常とは異なる症状が出たりしたら、
速やかに脳神経外科を受診すべきです。

スポンサーリンク