頭痛が前頭部で目の奥の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が前頭部で目の奥の時」についてお話します。

 

前頭部が頭痛がして目の奥が痛くなることがあるという方は少なからずいます。
頭痛と目の奥が痛くなる関係性などをご紹介します。

 

なぜ頭痛がするのか?

 

パソコンや携帯、ゲームのしすぎで目が疲れて前頭部の頭痛が起きてしまいます。
眼精疲労といわれるものです。

 

目が乾いてドライアイになると目や頭痛だけでなく、自律神経にも影響を及ぼして
うつ状態に陥ってしまうこともあります。

 

頭痛や目の奥が痛くなる症状が重なる時は生活を見直したほうが良いです。
そして、症状が悪化しないように注意して下さい。

 

眼精疲労!

 

仕事以外でも私生活でパソコンやテレビ、携帯やタブレッドなどを
使用する方がほとんどです。
また、眼から入る情報は80%以上です。

 

最近では夜型の生活をしている人が多いので眼を休める時間が少ない為、
眼精疲労になってしまう方が増えています。

 

そして、この眼精疲労のストレスが重なってくると前頭部が痛くなったり、
こめかみに鋭い痛みが起こります。
長時間同じ体制でいると、肩や首などの血流が悪くなります。

 

そして、筋肉が緊張している状態になる為、緊張型頭痛になる場合があります。

スポンサーリンク

前頭部の頭痛の対処法!

 

目の奥が痛いと感じる前にまずは、自分が使用しているメガネ
またはコンタクトレンズが合っているのかをチェックする必要があります。

 

自分に合っていないメガネやコンタクトレンズを
使用していると眼精疲労につながってしまいます。

 

そして、パソコンや携帯などを扱いすぎないように気をつけてください。
寝る前に部屋を暗くした状態で携帯を見るのは控えて下さい。
これだけでも眼の疲れは軽減されます。

 

同じ姿勢で長時間いると肩や首が凝ってしまうので、
合間合間にストレッチをしたり
首や肩をマッサージすると気持ちが良く、眼精疲労予防にもなります。

 

病気の可能性は?

 

大抵はすぐに痛みは治る方がほとんどですが、
まれにくも膜下出血や脳出血、脳腫瘍であることがあります。

 

軽い気持ちで考えていくのではなく、
普段とは違う激しい痛みに襲われた時はすぐに病院へ行って受診して下さい。

 

目の奥が痛いと感じた時は目を休める為にも睡眠を沢山とるといいです。

 

1分でも長く目を休めることによって目の奥の痛みも緩和され、
頭痛も起こりにくくなります。
自分の行動を改めていくことも大事です。

スポンサーリンク