頭痛が前頭部で右の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が前頭部で右の時」についてお話します。

 

前頭部の右側が頭痛がしてたまらなく痛い時には病気を疑ってしまいます。
前頭部の右が痛い時の考えられる病気や対処法などをご紹介します。

 

水毒証の可能性!

 

偏頭痛になる方も多いですが、右側の偏頭痛は「水毒証」の可能性があります。
水毒証とは、体内の水分に異常がある状態です。
水毒証の水分とは体内の液体全てのことを言います。

 

胃や腸に水分がたまることで、肩や首、頭にも負担をかけてしまいます。
右側に頭痛が起きてしまう原因は、左右のバランスが崩れているからです。

 

水毒証と右側偏頭痛とは?

 

水毒証でおきる頭痛は右側片側頭痛だけではなく、肩こりからくるものもあります。
肩こりからくる頭痛は緊張性頭痛といいます。

 

水毒証を避けるには?

 

水を沢山摂取しなければいいと思いがちですが、
冷たい水を飲みすぎることには注意して下さい。
冷たい水ではなく、常温の水を飲むように心がけることが大切です。

 

そして、冷たい食べ物を食べて体を冷やしてしまわないように
温かい食べ物の方が安心です。

 

生活習慣を変える!

 

やはり頭が痛くなるということは日常生活の中に原因があります。

スポンサーリンク

食べ物も偏った食事をしていたり、パソコンや携帯、
テレビやタブレッドなど長時間同じ体勢でみていると
頭が痛くなってしまうので頭が痛くなる前に控えておいた方がいいです。

 

頭が悲鳴を上げている時にはすぐに身体を休めることが大切です。

 

ストレスによるもの!

 

ストレスで神経のバランスが崩れてしまい、頭痛になってしまう方が多くいます。
神経が乱れてしまうと血液の循環も悪くなってしまいます。
ストレスによる影響は大きいです。

 

自分に合ったストレス発散法でストレスを
ためこまないようにしていくことも必要です。

 

片方だけ頭痛がして脈を打つようにズキンズキンと痛みがはしると仕事だけでなく、
私生活でも何もできなくなります。

 

濡れたタオルで頭痛がするところを中心にあててみたり、
頭をマッサージしていくと痛みが緩和されます。
それと同時に自分の気持ちも落ち着くことができます。

 

規則正しい生活をしていくことである程度予防ができるので、
日々の生活を見直していきながら過ごして下さい。

スポンサーリンク