頭痛で前頭部が締め付けられる時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛で前頭部が締め付けられる時」についてお話します。

 

前頭部の頭痛で、締め付けられるような痛みが起きるという方も多くいます。
どのような原因なのか、そして治し方などをご紹介します。

 

緊張型頭痛!

 

締め付けられるような痛みが起きるというタイプは
「緊張型頭痛」という場合が多いです。
鈍い痛みが30分〜一週間ほど続きます。

 

そして肩や首がこり、めまいやふらつきも起こってしまうことがあります。
緊張型頭痛は2つパターンがあり、ときどき頭痛がする
「反復性緊張型頭痛」と毎日のように続く「慢性緊張型頭痛」があります。

 

症状は?

 

同じような痛みが続き、前頭部だけでなく頭全体が締め付けられるように痛みます。
そして、頭痛以外にも肩や首のこりを伴います。

 

原因は?

 

心身ともにストレスが重なると緊張型頭痛が起きます。

 

パソコン操作や車の運転をするような前かがみになる姿勢や、
体が冷えた状態ばかりが続くと首から肩にかけての筋肉が収縮して血行が悪くなり、
頭痛の原因になります。

 

運動不足も頭痛の原因の一つです。
そして物事がうまくいかなかったりすると精神的にも疲れ、
ストレスになる為頭痛が起こってしまいます。

スポンサーリンク

病気の可能性!

 

緊張型頭痛をそのまま放っておくと病気にかかり、命にかかわってきます。
「くも膜下出血」「脳腫瘍」「脳出血」の病気になる可能性もあるので、
頭痛が続くようなら病院で診てもらった方がいいです。

 

とくに問題がない頭痛でも悪化すると大変な
病気になることがあるので注意が必要となってきます。

 

治し方!

 

ときどき起こる「反復性緊張型頭痛」は、通常とくに治療を必要としません。
首や肩を軽く押したりマッサージすることで痛みが緩和されます。
入浴をして血行をよくすると心身共に楽になります。

 

「慢性緊張型頭痛」は、精神的なストレスが重なって起こりやすい為
抗うつ薬や抗不安薬などが用いられます。

 

しかし、薬だけでは解決しないので、
日頃から筋肉が収縮しないように首や肩を回すと頭痛も治まってきます。

 

どうしても長時間、同じような姿勢で作業してしまいがちですが
同じ姿勢だと頭や肩や首などに負担がかかってしまうので

 

少し時間があるときは両腕を上にあげてみたり
立って簡単な体操をすることを心がけて欲しいです。

 

できなくても心がけていくことで頭痛を予防できます。

スポンサーリンク