頭痛外来で東京の清水先生とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛外来で東京の清水先生」についてお話します。

 

片頭痛をはじめとする慢性頭痛に
悩む日本人は役4000万人と言われています。

 

頭痛で悩んでいる人は病院に行ったところで
時間もお金もかかり、原因を伝えられ

 

薬を処方されてもまた頭痛に悩まされる、
負のスパイラルだと思っている人は少なくないでしょう。

 

多くの人は市販薬を購入し
乗り越えているかと思います。

 

それでは根本的な解決にはなっておらず、
頭痛薬に頼りっぱなしになってしまいます。

 

そんな悩みを解決すべく策をご紹介します。

 

頭痛外来に行ってみる

 

頭痛に悩まされている人で
先生に診てもらおうと思ったら、
かかりつけの病院に行かれますよね。

 

しかし頭痛の原因はさまざまで
その原因を突き止めるには、
頭痛専門医に診てもらうことが一番の近道です。

 

頭痛専門医とは専門医日本頭痛学会が
認定する医師のことです。

 

しかし、

 

「頭痛専門医がいる病院なんてどこ?」

 

となりますよね。

 

そんな時は

 

「頭痛外来」

 

というのがあります。

 

頭痛を専門的に診てもらえるので、
長期にわたり頭痛に悩まされている人におすすめです。

 

頭痛の名医

スポンサーリンク

頭痛の名医と言われている方がいます。

 

東京女子医科大学脳神経センター 頭痛外来
客員教授 清水俊彦先生。

 

1958年京都府生まれ。

 

日本医科大学医学部卒業後、
東京女子医科大学院博士課程修了。

 

その道の権威としてテレビや
新聞などで取り上げられており、
頭痛に関する著書も多く出しています。

 

診てもらった方の中には
長年悩まされていた頭痛が
おさまったという方が多くいます。

 

一日250人以上の患者の診察を行い超多忙のなか、
患者会の顧問・患者の支援活動も行っている、

 

患者さんのいるところはどこへでも行く
といった考えをおもちで、
同院以外にも汐留のセントラルクリニック、

 

月に1度伊豆大島の大島医療センターにも
頭痛外来を開設しています。

 

清水先生の患者さんの多くは
30〜50代の女性がほとんどなのだそう。

 

頭痛には頭痛自体が治療の対象になる「一次性頭痛」と
何らかの病気の症状として起こる

 

「二次性頭痛」があると言っており、
それぞれを診察し受診後即日
頭痛に対する治療を行ってくれます。

 

やっかいな頭痛とおさらばできる日が来るかもしれません。

 

市販薬に頼ることは悪いことではありませが、
頼りっぱなしにならないためにも一度

 

「頭痛外来」

 

で、診てもらうといいかもしれないですね。

スポンサーリンク