頭痛めまいと肩こりは病院の何科が適切なのか?のご紹介をします!

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛めまいと肩こりは何科なのか」についてお話します。

 

肩こりが引き起こす頭痛やめまい

 

肩こりというのは、長い時間同じ姿勢でいることや、
悪い姿勢の状態でずっと同じ筋肉を使い続けることで起こる、
筋肉の疲労が一番の原因です。

 

後頭部から首筋にかけて筋肉がこわばり肩が痛む、
何もしていないのに慢性的に肩が痛い場合は、肩こりです。
ひどい肩こりで悩んでいる人の中には、頭痛やめまいを併発する人がいます。

 

緊張型頭痛と呼ばれる、特にデスクワークで
一日中パソコンを使用する人に多く見られます。
しかし、中には病気が原因で起こる肩こりがあり、
その場合は病院を受診しなくてはなりません。

 

特に肩こりに伴う症状として、頭が重たいような
頭痛・吐き気・めまいや、手足のしびれ、肩だけでなく

 

肩から首にかけて全体が痛く、痛みが継続的に続くなどの症状が現れた場合は、
他の病気が考えられるので、ただの肩こりと思わずに、
すぐに病院へ行き検査をする事が大切です。

スポンサーリンク

肩こりでの受診は何科が適切か?

 

肩こりで受診する場合には、まずは最初に整形外科に行きます。
骨や頚椎、筋肉等に異常がないかを検査してもらいます。
原因を特定するためには、症状を詳しく医師に伝える必要があります。

 

特に肩こりだけでなく、頭痛やめまいが併発している時は、最初の問診の際に、
いつ頃から、どのような痛みが、どの程度続いているか、
その他の症状がないかなど、自分自身できちんと伝えることが大切です。

 

検査の結果、肩こり以外で、さらに詳しい検査が必要とされた場合は、
神経内科や脳神経外科など適切な診療科へ紹介されることになります。

 

また、痛みの緩和や治療を専門としたペインクリニックもあるので、
そこでの治療を勧められることもあります。

 

整形外科で異常がなかった場合は、
治療を続けているのになかなか効果が出ない場合には、
カイロプラクティックや鍼灸師などの治療も効果的です。

 

デスクワークの人は、休憩を取りながら、仕事の合間で体を動かし、
筋肉をほぐすことで、症状が緩和されるので、
病院での治療と併せて行うと良いです。

スポンサーリンク