頭痛薬とアルコールの飲み合わせとは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛薬とアルコールの飲み合わせ」についてお話します。

 

「頭痛薬を飲んだらお酒は飲めないの?」

 

「二日酔いの頭痛に頭痛薬は効かないの?」

 

自分の嗜好にかかわらず
お酒を飲む機会というのはあるものです。

 

頭痛薬とアルコールの飲み合わせについて
紹介します。

 

頭痛薬服用後の飲酒はできるのか?

 

頭痛薬を服用すると、胃で溶けて腸で分解します。

 

鎮痛消炎剤の副作用として、
胃腸症状が多いのは、そのためです。

 

血液中に入った薬の成分は、
肝臓である程度分解され、
残りの成分が炎症に効いていくという仕組みです。

 

肝臓で薬を分解しているときに、
アルコールが入ると、
肝臓はアルコールも分解しなければなりません。

 

そうなると、薬の分解量が減り、
飲酒前に比べて、炎症に効いていく成分が多くなります。

 

つまり、薬が効き過ぎてしまい、
胃が荒れたり、肝機能に影響が出たりなど、
副作用が出やすくなる可能性があります。

 

重度の場合、発疹、発熱、嘔吐、めまい、
呼吸困難などの症状が出ることもまれにあります。

 

ロキソニンを始め、市販の頭痛薬の
添付文書の使用上の注意を見ると、

 

「服用前後は飲酒しないでください」

 

と明記しています。

 

したがって、頭痛薬を服用した上での
飲酒は推奨されていません。

 

飲酒後の頭痛に効く薬はあるのか?

スポンサーリンク

お酒の飲み過ぎや、
普段飲まない人が飲酒をすると、
悪酔いしたり、二日酔いになったりします。

 

その原因は、アルコールが肝臓で分解されるときに
できるアセトアルデヒドという有害物質です。

 

肝臓にはアセトアルデヒドを分解する酵素が
ありますが、個体によって分解能力が異なります。

 

遺伝も関係しています。

 

飲むとすぐに酔っぱらってしまう、
飲むとすぐに赤くなる、
頭痛がする、気分が悪くなる、

 

という人は、先天的に分解能力が低いと言えます。

 

一般的な頭痛薬は、飲酒後の服用も推奨していないので、
飲酒後の頭痛には服用を避けた方が賢明です。

 

ところで、漢方薬は、飲酒前後の服用について
注意すべきとは明記されていません。

 

小林製薬から販売されている
第2類医薬品「アルピタン」は
漢方の働きでアルコールによる頭痛を抑える薬です。

 

五苓散(ごれいさん)という漢方薬で、
利尿作用のあるチョレイや

 

頭痛やめまいによいケイヒなどの生薬が
配合されています。

 

過剰な水分やアルコールの排出を促し、
頭痛や二日酔いを抑えます。

 

お酒を飲むとわかっている日は、
頭痛薬の服用をやめましょう。

 

もし頭痛がひどく、頭痛薬を飲まなければ
ならない状況であるならば、
お酒を飲むべきではありません。

 

二日酔いになりやすい人は、
飲む前に漢方薬やウコンなどを服用し、

 

アルコールによる頭痛が起こらないように
予防しましょう。

スポンサーリンク