頭痛薬の頻度とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛薬の頻度」についてお話します。

 

頭が痛いと、薬を服用して痛みを
鎮める方も多くいるのではないでしょうか。

 

市販の頭痛薬は、手に入りやすく
手軽に飲むことができます。

 

一方で、処方してもらった薬のように、
飲む期間が決まっていませんよね。

 

もし頭痛が毎日続けて起これば、
毎日いつまででも飲むことができてしまうのです。

 

では、この頭痛薬は本当は
どの位の頻度で飲むべきものなのでしょうか。

 

そこで今回は、頭痛薬の
服用する頻度について紹介します。

 

月に10日以上飲んでいる場合

 

毎日のように頭痛薬を飲み続けると、
かえって症状を悪化させてしまうことがあります。

 

特に10日以上飲んでいる場合は、

 

「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」

 

に陥っている可能性があります。

 

これは、片頭痛や緊張型頭痛などの
頭痛持ちの方が、頭痛薬を
飲みすぎてしまって起こるものです。

 

市販の鎮痛薬の飲みすぎが多いですが、
時には医師から処方された
薬によっても起こることがあります。

 

・月に15日以上頭痛がある

 

・頭痛薬をつきに0日以上飲んでいる

 

・朝起きた時から頭痛がする

 

・以前よく効いていた薬が効かなくなってきた

 

・薬をいくら飲んでも、頭痛が以前よりもひどくなってきた

 

・頭痛の程度、痛みの性質、痛む場所が変化することがある

 

・以前は月に数回、片頭痛が起こっていた

 

このような症状が当てはまる人は、

 

「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」

 

の可能性があります。

 

薬剤の使用過多による頭痛が起きる理由

 

ひどい頭痛を経験すると、頭痛発作への不安から
鎮痛剤を予防的に服用するようになります。

 

そのため、飲む回数や量が増えてしまうのです。

 

すると次第に、脳が痛みに敏感になり、
頭痛の回数が増えて薬が効きにくくなってきてしう、
という悪循環に陥るのです。

 

薬剤の使用過多による頭痛の治療法

 

まずは、思い切って2ヶ月間、
服用を中止します。

スポンサーリンク

原因の薬剤の使用を中止した後、
その反動で激しい頭痛や吐き気、
嘔吐などが起こることがあります。

 

そのため、予防薬や
原因薬剤以外の治療薬で対処します。

 

最初の1〜2週間はつらいです。

 

しかし、徐々に毎日起こった頭痛が減って、
もともとの頭痛の症状にもどっていきます。

 

そこから片頭痛などのも
もとの頭痛の治療を行っていくのです。

 

治療の原則は、

 

1. 原因薬剤の中止

 

2. 薬剤中止後に起こる頭痛への対応

 

3. 予防薬の投与

 

となっています。

 

薬剤の使用過多による頭痛にならないためには

 

薬剤の使用過多による頭痛は、
一度なってしまうと比較的再発しやすいです。

 

そのため、日ごろから頭痛薬を
飲み過ぎないことが、1番大切です。

 

心がけることは、

 

1.頭痛薬の使用は服用回数を守る。
  月に10日以内にする。

 

2.市販の鎮痛薬を予防的に飲むのは避ける。

 

3.主成分が単一の鎮痛薬を選ぶ。
  主成分が複数配合されているものや、

 

  カフェイン(無水カフェインやカフェイン水和物)が
  含まれている物には注意!

 

4.他に薬を服用している場合は、事前に医師に伝える。

 

5.頭痛ダイアリーをつける習慣をつける。

 

などが、があげられます。

 

中でも、頭痛ダイアリーは
日々の頭痛がどのようなもので、
薬はどのくらい服用したのかなどを記入するものです。

 

きちんとダイアリーに記入しておけば、
いつもと違う痛みの頭痛だったり、
薬を飲みすぎていないかなどが確認できます。

 

また、病院で医師に相談する時にも、
記録が大切になってきます。

 

このように、頭痛の薬は
飲みすぎてはいけないのです。

 

月に10日以内の頻度にしましょうね。

スポンサーリンク