頭痛薬イブの副作用とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛薬イブの副作用」についてお話します。

 

頭痛で悩まされている人は多く、
その数は15歳以上で「頭痛もち」と言われている人は、

 

3000万人以上と言われ、
3人に1人が頭痛もちと言われているほどです。

 

頭痛で悩まされている人は
思っている以上に多いですね。

 

仕事や学校でなかなか休むわけにはいかず、
頭痛薬に頼ってしまう事も、
少なくはないのではないでしょうか。

 

頭痛の種類

 

頭痛のほとんどは、

 

「慢性頭痛」

 

と呼ばれる頭痛です。

 

慢性頭痛には、

 

「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」

 

と、大きく3種類あります。

 

「片頭痛」とはズキンズキンと脈打つような痛みで、
主に緊張やストレスから解放された時に起き、

 

何らかの理由で脳の血管が拡張し、
周囲の神経が引っ張られて痛みが起こります。

 

「緊張型頭痛」とは、
こめかみから頭の周りを締め付けられるような痛みで、

 

身体的・精神的ストレスにより起こり、
頭の横や肩や首の筋肉が緊張する事で起こります。

スポンサーリンク

「群発頭痛」とは、
アルコールや喫煙が原因と言われていますが、
未だ発症のメカニズムが解明されておらず、

 

中でも痛みが激しいと言われており、
群発地震のように一度痛みが発症すると、

 

1〜2ヶ月程毎日のように痛みが続き、
半年〜3年経つとまた頭痛を繰り返す、

 

と大きく分けて3つのタイプがあります。

 

頭痛薬「イブ」

 

今では薬局など市販薬として
簡単に購入する事ができる「イブ」。

 

もともとは病院で処方される医療用医薬品でした。

 

頭痛・肩こり痛・生理痛・関節痛・外傷・歯痛・神経痛・筋肉痛・
耳痛・捻挫痛・悪寒・発熱時の鎮痛など、
幅広い効能効果があります。

 

しかし15歳未満への安全が確立されていないため、
15歳未満への服用はできません。

 

「イブ」の副作用

 

イブは用法・容量をきちんと守れば、
効き目が早く、胃への負担が少ない事が特徴です。

 

しかしながら、吐き気や消化不良、下痢、発疹などの、
副作用が報告されています。

 

胃への負担を避けるためには
食後すぐの服用が、効果的です。

 

頭が痛いと薬に頼ってしまうこともありますが、
頼り過ぎないように、
上手に頭痛薬と、つきあって行きましょう!

スポンサーリンク