頭痛薬でピリン系と非ピリン系の違いとは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛薬でピリン系と非ピリン系の違い」についてお話します。

 

頭痛があると家事や仕事が手につかず、
頭痛薬を服用して症状を
やわらげる人は少なくないでしょう。

 

しかしパッケージに

 

「ピリン系」「非ピリン系」

 

と書かれていて、
一体なんなのだろうと感じた人や、
服用後に副作用を感じた人もいるのではないでしょうか。

 

意外と知らずに服用している頭痛薬の

 

「ピリン系」「非ピリン系」

 

について知識をつけましょう!

 

ピリン系とは

 

解熱鎮痛薬にはピリン系薬というものがあります。
ピリン系の薬とはピラゾロン
という構造を持つ解熱鎮痛薬です。

 

解熱作用はありますが消炎作用はありません。

 

ピリン系の薬はピリン疹
(アレルギーによる発疹)
などの副作用があります。

 

症状として蕁麻疹や皮膚が腫れる
発熱やむくみなどがあり、
呼吸困難や喘息などがあります。

 

ピリン系の薬の中にはピラゾロン誘導体・ピラゾリジン誘導体があり

 

ピラゾロン誘導体には、

 

・アンチピリン

 

・アミノピリン

 

・スルピリン

 

・イソプロピルアンチピリン

 

などです。

 

ピラゾリジン誘導体には、

 

・フェニルブタゾン

 

・オキシフェニルブラゾン

 

・ケトフェニルブタゾン

 

・フェプラゾン

 

・スルフィンピラゾン

 

があります。

 

ピリン系市販薬とは

 

・アルペンゴールドカプセル

 

・エザックエース

 

・エザックプラス

 

・クリアロン鎮痛薬

 

・コルベロン鎮痛薬

 

・サリドンA

 

・サリドンWi

 

・シオノギIPAかぜ薬EX

 

・セデスハイ

 

・セミドン顆粒

 

・タイムコールP錠

スポンサーリンク

・パイロンハイEX

 

・プレコール持続性カプセル

 

・ヘルビック鎮痛薬

 

・ホワイトピュア

 

・リュピンリン鎮痛薬

 

・リングルAP

 

・総合感冒薬シオノギHI

 

があります。

 

非ピリン系とは

 

非ピリン系の薬とはピラゾロンという
構造を持たない解熱鎮痛薬のことです。

 

非ピリン系の薬には

 

・アスピリン

 

・アセトアミノフェン

 

・イブプロフェン

 

・サリチルアミド

 

・エテンザミド

 

があります。

 

「アスピリン」はピリンとついていますが
非ピリン系の薬で解熱・鎮痛効果に優れていますが、
胃痛が起こりやすいです。

 

「アセトアミノフェン」は効き目が穏やかで胃への負担も少なく、
妊娠・授乳中の人、乳幼児、高齢者でも安心して服用できます。

 

「イブプロフェン」は痛みお抑えたり
解熱作用があったり炎症作用もあり
鎮痛効果が高く即効性があります。

 

「サリチルアミド」は腫れや痛みをやわらげる薬で、
炎症をしずめて腫れや発赤・痛みなどの症状をおさえます。

 

「エテンザミド」は発熱や腫れ・発赤
・痛みなどの症状をおさえる効果のほかに、
歯痛や生理痛にも処方されるお薬です。

 

非ピリン系の市販薬

 

・バファリンA

 

・ノーシン錠

 

・ナロン錠

 

・タイレノール

 

・新セデス錠

 

・エキセドリンA錠

 

・イブA錠

 

・ナロンエース

 

・リングアイビージェルカプセル

 

・チルカカブレット

 

です。

 

ピリン系と非ピリン系の違いとは?

 

ピリン系は

 

・解熱作用が高い

 

・副作用も強い

 

非ピリン系は

 

・ピリン系より解熱作用が低い

 

・副作用も弱い

 

こういった特徴の違いがあります。

 

つらいときは頭痛薬に頼ってしまうこともありますが、
服用時は医師や薬剤師に相談をして
用法容量を守って服用してくださいね。

スポンサーリンク