頭痛薬の強さとは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛薬の強さ」についてお話します。

 

身近な頭痛って?

 

多くの人が悩まされている頭痛。慢性化してくるとつらいですよね。
頭痛の種類も様々ですが、特に身近な頭痛として2種類挙げられます。
まずは緊張性頭痛です。

 

緊張性頭痛は、頭の周りが締め付けられるような痛みを感じ、
首筋に痛みを伴うこともあります。
主な原因はストレスだといわれています。

 

精神的なストレスや、長時間無理な姿勢を続けることで
肩や首筋の筋肉が緊張することによる身体的なストレスが原因となり、
神経を刺激して頭痛が起こります。

 

もうひとつは片頭痛です。
片頭痛はよく耳にすることがあるかと思います。

 

頭の片側にズキンズキンと感じることが特徴の片頭痛ですが、
吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

 

痛みの程度は人により大きく差がありますが、
あまりの痛みに動くことができなくなることも多いです。

 

様々な原因により頭の血管が拡張して、
神経を刺激することで頭痛が引き起こされます。

スポンサーリンク

緊張性頭痛は血行を良くする、
片頭痛は患部を冷やすと頭痛が和らぐことが多いです。
それでも良くならなければ、無理をせずに頭痛薬に頼りましょう。

 

頭痛薬の強さって?

 

重度の緊張性頭痛や片頭痛でなければ、
市販の頭痛薬の強さで十分対処することができます。

 

頭痛薬を飲んでも効果が見られないということであれば
薬を服用するタイミングが遅かったということが考えられるので、
次は頭痛の症状が現れ始めたらなるべく早く服用するようにしましょう。

 

注意しなくてはいけないのが、慢性的に頭痛薬を服用している場合です。

 

前は頭痛薬の強さを感じられていたにもかかわらず
最近はほとんど強さを感じられないということであれば、
薬物乱用頭痛の症状が現れている可能性があります。

 

薬物乱用頭痛は頭痛薬の副作用の一つで、
頭痛薬を飲み過ぎることにより起こります。
月に10回以上頭痛薬を飲んでいるという方は要注意です。

 

頭痛薬の強さに違和感を覚えたら病院を受診するようにしてください。
頭痛はとても身近なものだからこそ自己判断で放置することは危険ですよ。

スポンサーリンク