授乳中の頭痛薬イブとは?

スポンサーリンク

ここでは、「授乳中の頭痛薬イブ」についてお話します。

 

授乳中に肩こりや頭痛に悩まされている際、
服薬は、母乳への影響を考慮して、
細心の注意を払わなければなりません。

 

ここでは、授乳中服用しても
比較的影響が少ないとされる
頭痛薬「イブ」について紹介します。

 

なぜ授乳中に肩こりや頭痛が起こるの?

 

授乳中に起こる頭痛は、
主に「緊張型頭痛」である場合が多い
と考えられます。

 

「緊張型頭痛」は、別名「肩こり頭痛」と言われ、
頭痛とともに肩こりや首の筋のこりを伴います。

 

赤ちゃんに授乳する際、
背中を丸め、少し前かがみの姿勢を保ちます。
長時間その体勢が続くために肩こりが生じます。

 

また、夜間の授乳による睡眠不足、
慣れない育児へのストレスなども
緊張型頭痛を起こす原因です。

 

服薬できる頭痛薬「イブ」とは?

 

「イブ」とは、
エスエス製薬から販売されている
解熱鎮痛剤です。

 

胃の負担が少ない、
効き目が早い、ということから
初めて頭痛薬を服薬するという人にオススメです。

 

小粒で飲みやすい「イブA錠」や
頭痛に早く効く「イブクイック頭痛薬」などの
種類がそろっています。

 

また、他社の解熱鎮痛剤は、
授乳中の服用を避けるように
推奨されていることが多いですが、

 

イブに関しては、

スポンサーリンク

「服用前に医師、歯科医師、薬剤師
または登録販売者にご相談ください」

 

とあります。

 

つまり、自己判断での服薬は避けた方が良いが、
医師や薬剤師に相談して

 

授乳中であっても問題ないとされれば、
服薬できる、という訳です。

 

なぜ授乳中なのに服薬できるの?

 

イブの主成分は「イブプロフェン」です。

 

イブプロフェンは、
非ステロイド抗炎症薬の仲間で、

 

解熱、鎮痛、消炎作用を均等に持ち、
いろいろな痛みに広く用いられます。

 

比較的副作用が少ないのも特徴で、
授乳中にも服薬できるとされる理由です。

 

あくまでも、対処療法薬で、
炎症をしずめ、腫れや痛みの症状を抑える
働きをするものです。

 

根本的な要因を治療するものではないので、
服薬しても効き目がないからといって、
長期間服薬するのは避ける方が賢明です。

 

最も多い副作用は、胃腸症状なので、
胃腸の弱い人や疾患のある人は、
服薬に注意が必要です。

 

併せて胃腸薬を処方されるケースも
あるので、必ず医師への相談が必要です。

 

授乳中は特に胃が痛くなりやすいので、
胃痛症状のある人は、注意してください。

 

・・・というわけで、
あなたもこのカテゴリーの記事を読んで

 

肩こり頭痛の「女性」関係について、
私と一緒にお勉強しましょうね!

スポンサーリンク

授乳中の頭痛薬イブとは?記事一覧

ここでは、「イブクイック頭痛薬の効果」についてお話します。頭痛はやっかいで仕事や家事、学業などに影響し、イライラもするし気分も憂鬱になります。頭痛で病院にも行きたくないし、自力で治す事も出来ない。そんな時に頼ってしまうのは市販薬ですよね。鎮痛剤の中でも「イブクイック」は「イブクイック頭痛薬」というだけあり、頭痛に特化した薬とも言えます。そんな「イブクイック」にはどんな特徴があり、どんな効果があるの...

ここでは、「頭痛薬イブの副作用」についてお話します。頭痛で悩まされている人は多く、その数は15歳以上で「頭痛もち」と言われている人は、3000万人以上と言われ、3人に1人が頭痛もちと言われているほどです。頭痛で悩まされている人は思っている以上に多いですね。仕事や学校でなかなか休むわけにはいかず、頭痛薬に頼ってしまう事も、少なくはないのではないでしょうか。頭痛の種類頭痛のほとんどは、「慢性頭痛」と呼...

ここでは、「授乳中の頭痛薬カロナールは市販されてるのか」についてお話します。妊娠前から頭痛に悩まされている人そうでない人。さまざまですが出産後、授乳期間に頭痛に悩まされることが多くなった人は、少なくないのではないでしょうか。頭痛薬に頼りたいところですが、授乳中だと頭痛薬が服用できないと、我慢しているお母さんもたくさんいるのではないでしょうか。頭痛の原因いままで頭痛の症状がなくても授乳中に、頭痛の症...

ここでは、「授乳中の頭痛薬葛根湯」についてお話します。頭痛は肩こりと並ぶ現代病の一つです。しかしいままで頭痛に悩まされなかったけれど、妊娠し出産をすると頭痛に悩む人は少なくないでしょう。私もその一人でした。「安易に頭痛薬を服用するのも子供に影響するのではないか」と思うと我慢することしかできませんよね。しかし我慢は自分自身にも身体にもよくありません。授乳中には葛根湯を飲んでも大丈夫と言われていますが...

ここでは、「授乳中の頭痛薬ノーシン」についてお話します。出産後想像以上に育児が大変で「出産の大変さは聞くけれど育児がこんなに大変だなんて誰も教えてくれなかった」と世の中の新米お母さんは思いますよね。頻回授乳に睡眠不足・育児のストレスや思うように家事が進まないストレス・授乳の姿勢による肩こりなど、ベテランお母さんも大変だと感じている人も少なくないでしょう。身体の変化もあり頭痛の症状でつらい思いをして...

ここでは、「頭痛と生理の遅れの関係」についてお話します。頭痛がするし、生理が遅れている。そんな時にまず考えるのは、「妊娠したかもしれない?」と言うことではないでしょうか。特に普段から生理周期がある程度順調な方の場合は、少しの遅れでも不安になってしまいますよね。また、この頭痛は何かの病気かもと、心配になることもあるかもしれません。そこで今回は、頭痛と生理の遅れで考えられることを紹介します。妊娠の可能...

ここでは、「生理2日目の頭痛の時」についてお話します。貴女は生理の時に、頭痛を感じた経験がありますか?特に普段から片頭痛に悩まされている女性は、生理の時に頭痛を感じることが多いです。よく、片頭痛と生理は関係しているということも聞きます。そこで今回は、生理と頭痛について紹介します。月経周期と片頭痛片頭痛で悩む女性の約半数は、片頭痛が月経と関連して起こることを自覚しています。実際に月経開始の2日前から...

ここでは、「臨月で頭痛吐き気の時」についてお話します。臨月に入り、体が出産の準備をするのと同時に、頭痛が起こり、吐き気まで感じることがあります。ここでは、臨月時の変化、頭痛の原因、予防・解消法を紹介します。臨月の体や心の変化ホルモンバランスの変化により、血流量が変化し、炎症を起こすことがあります。その典型的な例が、鼻づまりです。鼻の粘膜の血流量が増えてうっ血し、鼻炎になります。他に、鼻血が出たり、...

ここでは、「生理前の肩こり対策」についてお話します。生理前の肩こり「月経前症候群」疲れやストレスだと思っていた肩こりですが、毎月同じ時期に肩こりがひどくなると言う人は、この月経前症候群の可能性があります。生理前は、黄体ホルモンというホルモンが多量に分泌されることで、様々な不快な症状が出て、体調不良を訴える人が多いのです。その症状として肩こりや首の痛み、頭痛や目の疲れ、吐き気、倦怠感、腰痛、下腹部の...

ここでは、「生理前で肩こり吐き気がする時」についてお話します。以前から肩こりに悩まされていたけれども、よくよく考えると生理前になると肩こりがひどくなると感じたことはないですか?生理前になると気持ちも落ち込み気味で生理になると、もっと不快なのに肩までこるなんて、女として生まれてきて気分がいい時なんてないのではないかと思いますよね。その原因とはなんなのでしょう。肩こりの原因普段から目の疲れや冷えなどが...

ここでは、「妊婦の肩こりはピップエレキバンが良い事」についてお話します。妊娠中の肩こり妊娠後期になってお腹が大きくなると、立っているだけで疲労を感じてしまいます。腰や肩への負担も大きく、下肢のむくみや動悸、息切れなど様々な症状が出てきます。妊娠中の女性の一番の悩みが、肩こりと腰痛です。特に慢性的な肩こりに悩んでいた人は、妊娠してさらにひどくなる人が多いです。妊娠中の肩こりや腰痛のために、湿布を貼っ...