授乳中の頭痛薬カロナールは市販されてるの?

スポンサーリンク

ここでは、「授乳中の頭痛薬カロナールは市販されてるのか」についてお話します。

 

妊娠前から頭痛に悩まされている人そうでない人。

 

さまざまですが出産後、
授乳期間に頭痛に悩まされることが多くなった人は、
少なくないのではないでしょうか。

 

頭痛薬に頼りたいところですが、
授乳中だと頭痛薬が服用できないと、

 

我慢しているお母さんも
たくさんいるのではないでしょうか。

 

頭痛の原因

 

いままで頭痛の症状がなくても授乳中に、
頭痛の症状を感じる人は少なくありません。

 

慣れない育児のストレス・出産前との生活のギャップ・
昼夜を問わない頻回授乳・睡眠不足・

 

鉄分不足・水分不足・運動不足・
授乳時の姿勢による肩こりからの頭痛・

 

ホルモンバランスの影響等、
お育児をしているだけでも
頭痛になる要因はたくさんあります。

 

私も慣れない育児に思うように
家事がこなせないストレスがありました。

 

頻回授乳と3Kgとはいえ、
腕では支え続けるのはハードで

 

授乳クッションを使っていましたが、
不自然な姿勢での授乳になり肩こりになり、
頭痛に悩まされました。

スポンサーリンク

頭痛でストレスがたまり
イライラしてしまうと悪循環ですよね。

 

授乳中でも服用できる「カロナール」とは

 

「カロナール」は授乳中でも服用できる解熱鎮痛剤で、
病院で処方されるお薬です。

 

だから市販はされていませんので、産院を受診して
処方してもらって下さいね。

 

主成分は「アセトアミノフェン」で他の鎮痛剤に比べると、
副作用が少なく乳児にも処方されることがあり、
授乳中でも安心して服用できます。

 

個人差はありますが服用後15分から30分で効果が出始め、
2時間から6時間ほど持続すると言われています。

 

母乳への移行は極少量で安心して授乳できますが、
気になる方は授乳を4時間ほどあければ
ほとんど気にしなくてすみます。

 

巷にはさまざまな頭痛薬が市販されていますが、
授乳中に服用できる薬はほとんどなく、

 

頭痛で悩まされているお母さん達は
我慢する選択をしているかと感じます。

 

自分だけの問題ではないので、
医師や薬剤師に相談をして用法容量を守り服用してくだい。

 

頭痛があると家事に育児に手がつかず、
イライラしてしまいますよね。

 

我慢せずに頭痛薬を上手に使って楽にしましょう。
赤ちゃんはお母さんの笑顔が大好きですよ!

スポンサーリンク